二重を手に入れるなら、千葉の自由が丘クリニックソフィアへ。


二重まぶた、埋没法、切開法、目黒区、自由が丘
 
二重 二重まぶた 切開法 目黒 自由が丘
二重まぶたとは 切開法
二重まぶた、埋没法、切開法、目黒区、自由が丘
切開法症例&体験談 埋没法 埋没法の原理  
二重まぶた、埋没法、切開法、目黒区、自由が丘
埋没法のポイント 埋没法症例&体験談 料 金
          
二重まぶた 千葉
まぶたを開ける時に働く筋肉を上眼瞼挙筋といいます。まぶたの中でこの筋肉は挙筋腱膜につながっており、腱膜は瞼板というまぶたの支持組織に付着しています。二重まぶたの人では、腱膜の線維の一部が皮膚の裏側に連結していて、まぶたを開ける時、瞼板が持ち上がると同時に皮膚が引き込まれて折りたたまれるため、これが二重として見えるのです。
一重の場合には,腱膜と皮膚の間に脂肪などが介在し、腱膜の線維と皮膚がつながっていないため、まぶたを開けても皮膚の折りたたみができません。つまり、まぶたを閉じている時とあまり変わらない状態のまま持ち上がっているわけです。
本格的な二重の手術(切開法)では、折りたたみの邪魔になっている組織を取り除いたうえで、皮膚と腱膜のつながりを作ることで根本的な解決を図りますが、通常はまぶたの縁の皮膚を瞼板に固定するだけでも折りたたみができます。この固定を簡単に行うのが埋没法です。
二重 千葉
二重 切開法
  切開法では二重を作るのと同時に、皮膚のたるみ、厚い上まぶた、眼瞼下垂(上まぶたが上がりにくくなる病的状態)など、様々な悩みを同時に解決することが可能です。
一方、埋没法は簡便に二重を作る手術として、ダウンタイムも短く気軽にできる手法ではありますが、それらの症状を同時に解決することはできません。
「切開法は不自然になりやすい」という先入観をお持ちの方が多いようですが、自然な状態に落ち着くのに少し時間がかかるだけなのです。まぶたの状態によっては埋没法の方がかえって不自然になることもあります。
治療の流れ
二重 千葉
ブジー(細い棒)を上まぶたに当ててみて、皮膚が簡単に折りたたまれない、抵抗があって二重になりにくい場合は上まぶたの脂肪や筋肉、皮膚などが厚いので切開法の適応と考えます。切開法でそれらの原因を取り除くことで、自然で美しく機能的なまぶたにすることができます。
それらの組織を処理せずに、無理に埋没法を行うと不自然な二重になるだけでなく、後戻りも多くみられます。美しく、自然な結果を得るには、その人のまぶたに適した手法を見極めて行うことが、最も重要となります。
1. 患者様の希望をうかがう(希望が非現実的ではないか)
2. 皮膚のたるみの程度と皮膚を切除する必要があるかを判断する
3. 眼瞼下垂(瞼の開きが弱くなる病気)がないかどうか判断する
4. 平行型の二重を希望する場合には蒙古ひだの状態を確認する
1.
患者様の希望に沿うことが最優先ですが、必ずしも良い結果につながるとは限りません。
例えば、西洋人の目をイメージして、「ぱっちりした大きな目」にあこがれ、そのために二重の幅を広くしたいと希望する方が多くみられます。しかし、西洋人と東洋人では眼球の位置に大きく違いがあり、西洋人に比べ東洋人は眼球の突出があること、皮膚や脂肪が厚くて腫れぼったいことにより、幅の広い二重を作ると眠たい印象となり、かえって目は小さく見えてしまいます。
2.
皮膚切除の要否
年齢とともにまぶたの皮膚はたるみやすいところでもあります。
皮膚に張りのある、10〜20代前半の方では皮膚切除は必要ありませんが、20代後半〜30代で上まぶたのたるみを感じている方は案外多く、二重にする際に緩んだ皮膚を少しだけ切除することでより若々しい、美しい目元になります。
たるみが強い場合には上眼瞼リフト(眉毛のすぐ下の皮膚を切除して、たるみを引き上げる)を先に行っておき、必要に応じて後日重瞼術を加えるのが、最も自然で美しい二重に見える手法です。
→まぶたのたるみ手術について詳しいことはこちら
3.
眼瞼下垂の場合
二重があいまいであったり、いつも眠たそうな目をしている方は、先天性あるいは腱膜性眼瞼下垂の可能性もあります。特に花粉症などのアレルギーを持っていて、目をこする癖のある方やハードコンタクトレンズを使っている方は、知らぬ間に腱膜性下垂が起こっていることもあるので、その場合はこの改善も考慮に入れた手術とします。
→眼瞼下垂について詳しいことはこちら
4.
東洋人では目頭に特有なヒダ(モーコヒダ)が発達していることがあり、目と目の間が広く見える原因になっています。また平行型の二重を希望する場合、このヒダの緊張をゆるめる必要がある(目頭切開を行う)かどうかを判断します。


二重 千葉
まぶた中央部における二重の幅は、まぶたを閉じた状態で6〜8mm程度、最大でも10mm以内が適当です。二重の幅は患者様にとって非常に重要なポイントです。決める際にはまずは重力がかかった座位で二重の幅をほぼ決定しますが、消毒後仰向けの状態でも再度デザインします。
二重の幅と左右のバランスには念入りな確認をします。


二重手術 千葉
1.
二重手術 千葉デザイン
皮膚切除の有無にかかわらず、切開線が結果として二重の線になるので、切開線の位置決めには時間をかけ、慎重にデザインします。
2.
二重手術 千葉眼輪筋の切除
皮膚を切開(切除)した後、その直下にある眼輪筋の一部を切除します。
また、中北式切開法では切開線よりまつ毛側の皮膚の裏側の眼輪筋もていねいに取り除きます。これにより、その後に行う二重の固定を確実にし、またまぶたの縁の腫れぼったさが少なくなってすっきりした印象になると考えています。
尚、眼輪筋とはまぶたの皮膚のすぐ下にある筋肉で、主にまぶたを閉じる働きがありますが、その一部を切り取っても支障は全くありません。
3.
二重手術 千葉眼窩隔膜の切開
眼輪筋の下にある薄い膜で、眼窩脂肪を被っています。眼窩脂肪は眼球をぐるりと取り囲んでいる脂肪で、これが多すぎるとまぶたが腫れぼったくなり、少ないと落ちくぼんだようになります。
中北式ではこの眼窩隔膜を切開します。その目的は、第一にこれを開いて眼窩脂肪と拳筋腱膜の間を剥離すること(時に癒着があり、これを剥離してまぶたの動きを良くする)、第二に隔膜の断端を二重の固定に用いることです。
4.
二重手術 千葉腫れぼったいまぶたの改善
日本人に多い腫れぼったいまぶたの原因は単純ではありません。“脂肪”も原因の一つではありますが、むしろそれ以外の要素(皮膚、眼輪筋の厚み、骨格と眼球の位置関係)によることも多いため、簡単には解決できないのです。たるんだ皮膚、眼輪筋はある程度は切除できますが、残った皮膚を薄くすることはできません。結局減らすことのできるのは脂肪ということになりますが、まぶたの脂肪には図2−dのように、主に眼輪筋下脂肪、隔膜前脂肪、眼窩脂肪の三種類があります。
このうち安全に切除できるのは眼窩脂肪で、これを控えめに減量することになります(
図2−e)(取り過ぎると将来まぶたが落ちくぼんで、ふけ顔になる)。
5.
眼瞼下垂への対応
まぶたの上がりが悪い「眼瞼下垂」がある場合には、眼窩脂肪の奥にある拳筋腱膜の状態を確認し、必要に応じて腱膜の修復や前転(縫い縮め)を行います。
病的な眼瞼下垂がなくても、いつも眠たそうな眼をしている人にこの操作を加えることで、ぱっちりとした大きな目にすることもできます。
ただし術後に目つきがきつくなったと言われてしまうこともあるので、眼瞼下垂ではない人にこれを行うかどうかは慎重に判断すべきです。
→眼瞼下垂について詳しいことはこちら
6.
二重手術 千葉重瞼固定・皮膚縫合
切開線よりもまつ毛側の皮膚の裏側を瞼板に縫い付けて止めることで、目を開いた時に瞼板と一緒に皮膚が奥へ引き込まれるようになり二重が作られます(図2−f)。
ただし、これだけでは二重が徐々に浅くなってくることもあるので、中北法ではこれに加えて皮膚を縫合する時に、先に切開した眼窩隔膜にも糸を通すようにしています。これにより拳筋腱膜の力が隔膜を介して皮膚にしっかり伝わるようになり、安定した二重になるのです(図2−g、h
)。
二重 千葉
二重 二重まぶた 切開法 目黒 自由が丘
二重まぶた、埋没法、切開法、目黒区、自由が丘 二重まぶた、埋没法、切開法、目黒区、自由が丘
(分析:自由が丘クリニック院長 中北信昭)
footer